健康になるために、様々なアクティビティーがあります。

スポーツ、ダンス、格闘技、、、数え切れませんね。

ヨガって、なんでしょう。なぜ、ヨガがいいんでしょう?

簡単に思ってみると、健康体操?

リズムに乗る必要もなく、人と競い合ったり戦ったりもしません。

なので、ゆるいとか、運動神経がなくてもできると思われがちです。

一方で、「体が硬いから」という理由で敬遠されがちですね。

 

正解であり、正解ではないです。

ゆったり平和的で、どなたにも楽しむことができます。硬くても、です。
むしろ、硬い人はもっと積極的にヨガを取り入れると、伸び代が大きい分楽しみも大きくなります。
ゆるいものもあれば、ボディメイク効果が高く「ユルくない」ヨガもあります。

硬い体が少しずつほぐれると、不思議と心もほぐれてきます。体をどんどんエッジに追い込み交感神経を優位に立たせるような内容でも、最終的には副交感神経が優位になって、深いリラクゼーションへと導かれていきます。

ヨガを続けてくると、それが身体を動かすだけではないことに気付かされます。

最初の頃は、いくら先生が心が落ち着くと言ってくれても、ソワソワ、ざわざわしたりするんですけどね。

堅苦しい説明をこうして読むよりも、まず実践してみるといいですね。

ヨガと一口で言っても、様々なメソッドがあります。
きっと、自分に合ったスタイルが見つかるはずですよ。